指定訪問介護事業所
有限会社 真岡介護センター

障害者:居宅介護

~障害者:居宅介護~

居宅介護は障害者の方に対しての訪問介護であり、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスのひとつに位置付けられています。

厚生労働省より引用
居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助を行う
障害福祉サービスの内容 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

◎身体介護
・排泄介助
・入浴介助
・清拭
・食事介助
・更衣介助
・水分補給
・服薬介助
・移乗介助
・起床・就寝介助
・特段の配慮をもって行われる調理
などのサービスを提供します。

◎家事援助
居宅介護の家事援助は本人が行うことができない、または家族によるサポートも困難、という場合に支援を行うことができます。
・普通食の調理
・整理整頓
・洗濯
・掃除
・買い物
・処方薬の受け取り
・育児支援

育児支援の例

・育児支援の観点から行う沐浴や授乳
・乳児の健康把握の補助
・児童の健康な発達、特に言語発達を促進する視点からの支援

◎通院等介助
・病院への通院介助
・官公署への公的手続き
・障害福祉サービスにおける指定相談支援事業所へ相談に行く
詳しくはこちらをご覧ください
tuuchi_12.pdf (mhlw.go.jp)

通院等介助サービスの区分は

・身体介護を伴う
・身体介護を伴わない
の2つに分かれています。
「身体介護を伴わない」場合・・・障害支援区分1以上
「身体介護を伴う」場合・・・障害者区分が2以上である事に加えて下記の要件を満たしている場合障害者区分2以上かつ、認定調査において以下のいずれかに該当すると判断された方
①歩行において全面的な支援が必要
②移動、移乗において見守りが必要・部分的な支援が必要・全面的な支援が必要のいずれかに該当
③排尿及び排便において見守りが必要・部分的な支援が必要・全面的な支援が必要のいずれかに該当

◎移動支援
障害者への外出を支援するサービスです。
【個別支援型】
ご利用者1名に対してヘルパー1名のマンツーマンによる外出支援になります。
※個別支援型は公共交通機関を使用することが原則とされています。

移動支援で利用できる外出
・社会生活を営む上で必要不可欠な外出
・生活する上で一般常識的に必要な外出
・余暇活動における外出
例)ショッピング、散歩、映画、カラオケ、公共機関などの外出

お問い合わせ

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
有限会社 真岡介護センター
〒321-4361
栃木県真岡市並木町1-8-1
電話 0285-80-5200 
FAX0285-80-5211 
(平日 8:30〜17:30)
お問い合わせはこちら
PAGE TOP